認知症の治療に関する説明を患者本人やその家族、介護者に対してどのように行うかについて、様々なケースを基に実例や著者らの工夫を紹介する。「治療薬に関わる説明」の章では、アルツハイマー型認知症治療薬と向精神薬の効果や選び方、家族からの質問への対応、服用上の注意や副作用などをまとめている。

 抗精神病薬を服用する場合に「一時的に認知症が悪化するように見えるかもしれないと話しておく」など、具体的な患者指導ポイントを盛り込んでおり、現場ですぐに活用・実践できる内容。

■Amazonで購入
実践認知症診療〈第1巻〉認知症の人と家族・介護者を支える説明

医薬ジャーナル社
売り上げランキング: 561,498

繁田 雅弘 編 2940円 医薬ジャーナル社
ISBN: 9784753226115、B5判、127 ページ