全てのがんに起こりうる骨転移について、大阪府のがん診療連携拠点病院に勤務する整形外科腫瘍専門医が、一般向けに分かりやすく解説した本。

 骨転移は、直接生命を脅かすものではないが、麻痺や骨折などによって生活の質(QOL)を大きく低下させる恐れがある。

 筆者は、がん骨転移に関する適切な認識と対処法(同書内で「骨転移リテラシー」と名付けている)を身に付けることで、大きな障害を回避できると語る。がん種別の骨転移の特徴や注意点、実際の診断や治療など、一般の方が知っておきたい骨転移に関する知識について分かりやすく説明している。

 著者の橋本氏による骨転移に関する連載を、がん患者向けサイト「がんナビ」で掲載中です。

連載はこちら
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/series/bone_meta/

■Amazonで購入

橋本伸之 /著 1470円 文芸社
ISBN978-4-286-13355-3 四六版 245ページ