在宅医療における薬剤師のアセスメント業務をスムーズに行うためのツール「アセスメントシート」を用いた、実践的な在宅業務マニュアル。在宅の現場では、患者の服薬状況や心身状態のアセスメントが薬剤師の重要な役割であり、本書は症状や目的別に作られたアセスメントシートを用いた業務の進め方を解説する。

 アセスメントシートは全部で21枚。「日常生活動作(ADL)」「認知機能」「排泄」「転倒」「脱水」「痛み」「高度排泄ケア」などの種類があり、様々な状況に合わせて活用することが可能。




早川 達/監修 5880円 日経BP社
ISBN978-4822231651 B5判 376 ページ