認知症診療・研究に長年携わってきた著者が、認知症に関する最新の情報と、これまでの診療経験に基づいた「認知症患者とのつきあい方」を紹介する書。著者は、広島大学名誉教授。

 最新情報に基いた診断や治療の解説も読み応え十分だが、後半の「認知症になったら、人生おしまいなのだろうか」「どうすれば認知症の人が気分良く生活を送れるのか」「認知症の人の経済問題にどう対応するとよいのか」「認知症の人の最期はどうなるのか」といった社会的なテーマを含んだ解説も面白い。

■Amazonで購入
私たちは認知症にどう立ち向かっていけばよいのだろうか
中村 重信
南山堂
売り上げランキング: 168,198

中村重信/著 3885円 南山堂
ISBN978-4-525-20221-7 A5判、360ページ