緩和ケアが必要となる代表的な18の身体症状について、概念、疫学、病態生理、予防、治療法などを系統的に解説した教科書。巻末に「身体症状マネジメントにおけるエッセンシャルドラッグ一覧」も収録。

 それぞれの症状の頻度や機序にまでさかのぼって、予防や治療などのマネジメントを理論的に解説しているのが特徴。緩和医療についての知識を整理するための参考書としても有用。

<取り上げている症状>
 癌疼痛、癌関連倦怠感、癌による食欲不振・悪液質、悪心・嘔吐、腸閉塞、便秘、下痢、腹水、呼吸困難、咳嗽、胸水、気道分泌過多、下部尿路機能障害、乏尿・無尿、血尿、転移性脳腫瘍、脊髄圧迫、高カルシウム血症

■Amazonで購入
系統緩和医療学講座 身体症状のマネジメント
恒藤 暁
最新医学社
売り上げランキング: 131,971

恒藤 暁/著 5250円 最新医学社
ISBN978-4-914909-53-6 B5判、303ページ