心不全治療薬、睡眠薬、スタチン、酸分泌抑制薬といった27の代表的な薬効分類別に、1〜数個の第一選択薬を提示し、その薬を第一選択にする理由と病態に応じた使い方のコツを解説する。主に、研修医と一般内科医向け。

 研修医が「自分が使いこなせる薬を持てるようになる」のが本書のコンセプト。多くの薬剤を列挙せず、代表薬に絞って紹介しているのが特徴的。第一選択薬のチョイスの理由も端的に書かれていて、分かりやすい。各科の専門医による分担執筆。

郡義明/著 4410円 文光堂
ISBN978-4-8306-1017-2 B5判、342ページ 2013年3月