『レナードの朝』
監督:ペニー・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カブナー、マックス・フォン・シドー
公開年:1990年
時間:120分
発売元:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

 脳科学はノンフィクションの中でも人気の高いジャンルだ。特に米国の神経学者オリヴァー・サックスの著作は軒並みベストセラーとなっている。『レナードの朝』(早川書房)を筆頭に、『妻を帽子とまちがえた男』(早川書房)などが有名で、昨年にも『音楽嗜癖症(ミュージコフィリア)』(早川書房)が翻訳され話題となった。

 『レナードの朝』は、サックスのノンフィクションを元に作られたストーリーの映画化である。原作では20人の嗜眠性脳炎の患者に対するL-ドパの投与経験が綴られており、レナードはその一人である。

 1969年、米ニューヨーク、ブロンクス。慢性神経病専門のベインブリッジ病院にマルコム・セイヤー(ロビン・ウィリアムズ)という無口で風変わりな男が赴任してきた。人と接することが苦手で、研究職を希望したセイヤーだったが人手不足のため強引に臨床医として採用される。セイヤーは患者に真剣に対応、話すことも動くこともできない彼らに反射神経だけは残っていることを発見する。訓練によって患者に生気が戻る。その熱意は治療をあきらめかけていた看護師のエレノア(ジュリー・カブナー)の心を動かす。

 患者の中でひときわ目を引いたのは、意識はあるが半昏睡状態で寝たきりのレナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)だった。11歳で嗜眠性脳炎を発病。30年前からこの病院に入院していた。セイヤーはある時、パーキンソン病治療薬として発売されたばかりのL-ドパの講演を聞き、同薬を使うことを思いつく。病院の反対を押し切り、他の医師の目をかすめて行ったL-ドパの投与は奇跡を起こし、ある朝、ついにレナードは目覚める。ベッドから起き上がり、セイヤーに連れられて30年ぶりに街に出たレナードの顔には喜びが満ちあふれる。

 L-ドパの効果に自信をもったセイヤーは他の患者にも新薬を使うことを提案する。資金不足を理由に渋る病院側だったが、スタッフの協力も得て多額の寄付が集まり投薬が始まった。そしてある夜のこと、患者たちは一斉にベッドから起き上がり、意識を取り戻したことに狂喜する。

 普通に戻ったかに見えたレナードだが病院に父親の見舞いにきていたポーラ(ペネロープ・アン・ミラー)に恋をしたことから事態は急転し始める。自由に外出したいというレナードに医師たちは反対する。レナードの症状は、反発した怒りからか再び悪化してしまう。

 90年に封切りされたこの映画は、2人の名優の激突と報じられた。無口で付き合い下手な医師を演じたロビン・ウィリアムズははまり役だが、それ以上に、レナードを演じたロバート・デニーロが素晴らしい。医療コンサルタントとして関わったサックスもその演技に舌を巻いたという。

 もっとも、適用が認められていない薬剤を実験的に闇雲に投与する手法は、現在なら非難の対象になることだろう。原作ではL-ドパ大量投与による悪性症候群とおぼしき症例も紹介されている。なお、実際のレナードも昏睡状態に戻り、投薬により何度か目覚めたが結局亡くなっている。

column
米国で名医を演じさせたらこの人、という俳優がロビン・ウィリアムズだ。今回の8本の中でも、本作、『パッチ・アダムス』、『グッド・ウィル・ハンティング』の3作品に出演。『グッド・ウィル・ハンティング』ではアカデミー賞助演男優賞を受賞している。


セブンネットショッピング