スウェーデンの糖尿病患者レジストリーに基づいた検討から、T1DM患者においてLDLコレステロール(LDL-C)は、心血管疾患(CVD)のリスク指標として必ずしも適していない可能性が示された。T1DM患者では、LDL-C値とCVDイベント発生との間に有意な関連は見られず、総コレステロールとHDLコレステロールの比(TC/HDL-C)の方が良好な結果だった。スウェーデン・Institute of MedicineのChristel Hero氏らが発表した。

 Hero氏らは同国で行われている糖尿病患者レジストリー(T1DM患者の登録率95%以上)と入退院記録、死亡記録を国民の個人識別番号で関連付け、T1DM患者のCVDとLDL-Cなどとの関連を検討した。CVDは致死的・非致死的な急性心筋梗塞、不安定狭心症、冠動脈血行再建術、脳卒中、末梢血管疾患の発生とした。

 対象は、追跡開始時(03〜06年)に18〜79歳だった全てのT1DM患者(3万778人)。年齢46歳、罹病期間20年、HbA1c8%、LDL-C104mg/dL、脂質異常治療薬を26.5%が服用していた。

 平均7年の追跡中に、脂質異常症治療薬非服用群(2万2292人)では患者1000人・年当たり13.8件(以下同様)、40歳以上で1つ以上のCVDリスクを持つ群(9324人)では32.4件、脂質異常症治療薬服用群(8172人)では51.7件、CVD既往群(全て脂質異常症治療薬を服用、1973人)では169.1件のCVDイベントが観察された。

 脂質異常症治療薬非服用群において、LDL-Cの1mmol/L(38.7mg/dL)の上昇に伴うCVD発生のハザード比(HR)は1.08(95%信頼区間[95%CI]1.01-1.11、P=0.02)と有意な関連を認めた。だがLDL-Cで八分位し、第4八分位(96〜104mg/dL)を基準とした解析では有意な関連にはならなかった。これは40歳以上で1つ以上のCVDリスクを持つ群でも同様だった。脂質異常症治療薬服用群では、LDL-Cの上昇に伴う解析、八分位による解析の両方で有意な関連を認めなかった。

 一方、脂質異常症治療薬非服用群におけるTC/HDL-C比は、1単位上昇に伴うHRが1.08(95%CI 1.03-1.14、P<0.001)となり、八分位した解析でも直線的で有意な関連が見られた。40歳以上で1つ以上のCVDリスクを持つ群でも同様だった。

 Hero氏は「T1DMでは、LDL-CはCVDのリスク評価指標としてはあまり優れていなかった。またADAが推奨しているLDL-Cで100mg/dL未満という治療目標の妥当性も、今回の結果からは示されなかった。T1DM患者のCVD1次予防に関しては、LDL-CよりもTC/HDL-C比の方が優れている可能性がある」とまとめた。