持続皮下インスリン(CSII)療法はインスリンの投与量を細かく設定できるため、良好な血糖コントロールの実現など数多くのメリットを持つ。測定された血糖値の表示がリアルタイムで可能なインスリンポンプの登場により、さらなる血糖コントロールの改善やQOLの向上が期待されている。


 「頻回インスリン注射(MDI)療法を行っている糖尿病患者などでは、CSII療法を導入するメリットは大きい。リアルタイムで測定値が分かる持続血糖測定(CGM)と連動するインスリンポンプが日本でも発売されれば、血糖値を見ながら操作できるので利便性はより高まる」と大阪市立大学発達小児医学分野講師の川村智行氏は語る。

 CSII療法とは、腹部や臀部などに携帯型の小型ポンプ(図1)を装着し、皮下に留置した針を通じて超速効型インスリンを持続的に注入する治療法だ。少しずつ注入することで基礎インスリンの役割を、食事前には注入速度を速めることで追加インスリンの役割を担わせ、より生理的な状態に近いインスリン分泌を実現している。現状、同療法は主に1型糖尿病患者が受けている。

図1●日本で使用可能な主なインスリンポンプ

質の高い血糖コントロールが可能
 CSII療法が有用な理由としてまず、血糖値やHbA1c値が改善するだけでなく、血糖値の変動幅を小さく抑えられることが挙げられる(図2)。これにより質の高い血糖コントロールが実現でき、ひいては糖尿病合併症の抑制が期待できる。また、食事や運動、睡眠の自由度が高まり、患者だけでなく保護者のQOLも改善される。

図2●小児におけるCSII療法の主なメリット・デメリット

 同療法に積極的に取り組んでいる大阪市立大学附属病院小児科における新規導入患者数を見ると、最近は年間30人前後となっている(図3)。これまでの累積患者数は300人を超えているが、現在も引き続き実施しているのは約200人で、通院患者のおおよそ半分がCSII療法を行っている。

図3●CSII療法導入患者数の推移
(大阪市立大学医学部附属病院小児科における2013年5月時点の実績)