2009/11/5

RA患者のステロイド使用、20年間で3分の1に

中沢 真也=日経メディカル別冊

 関節リウマチRA)患者に対するステロイド使用量は最近20年間に大幅に減少し、1980年代前半の平均10.3mg/日から、2000年代前半には平均3.6mg/日と、ほぼ3分の1になっていることが示された。米ニューヨーク大学病院のTheodore Pincus氏らが、米フィラデルフィアでこのほど開催された米国リウマチ学会年次学術集会ACR2009)で報告した。

 研究グループは、大学病院の患者データベースから1980〜2004年に診療したRA患者308例を対象とし、治療開始時と開始1年後のステロイド(プレドニゾン)投与量、臨床検査値、身体機能、痛みなどについて、5年ごとの推移を断面的に調べた。

 その結果、治療開始時のプレドニゾン投与量は、1980-1984年には患者の51%が5mg/日、49%が5mg/日超と、全症例が5mg/日以上だったが、後年ほど低用量化が進み、2000-2004年には、86%が5mg/日未満、10%が5mg/日で、5mg/日超だったのはわずか3%だった。

 治療開始時投与量の中央値をみても、1980-1984年には10.3mg/日(n=37)だったが、1985-1989年には6.5mg/日(n=74)、1990-1994年には5.1mg/日(n=77)、1995-1999年には4.1mg/日(n=61)と低下し続け、2000-2004年には3.6mg/日(n=59)と20年間に3分の1になっていた。

 一方、プレドニゾン投与量が5mg/日未満の群と5mg/日以上の群で、治療開始時点と開始1年後の身体機能、痛みと患者の自己申告による総合評価(RAPID 3値)の変化を比較すると、用量が大幅に減少しているにもかかわらず、効果については有意な違いは見られなかった。

 これらの結果についてPincus氏らは、特に1990年代以降、大半のRA患者に対し、治療初期からのメトトレキサート投与が行われるようになったためではないかと推察していた。

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正