他科、他施設との連携は不可欠
 日本では、整形外科と内科がほぼ半々で最前線のRA診療を分担してきました。生物学的製剤による治療が重要になった現在では、薬物療法はもちろん、合併症の診断とその治療など、内科的知識を持たずに治療を行うのは困難です。

 整形外科医が診療する場合でも、内科医と連携を取らないと合併症を発症したときに対処できません。私自身は整形外科医ですので、外来も病棟回診も、必ずリウマチ膠原病内科の医師と一緒に実施しています。

 特に呼吸器系の重大な合併症には注意を要しますので、呼吸器内科医との連携が大切です。地域の医師が診療した患者が呼吸器合併症で来院すれば、呼吸器内科医と共同で治療計画を立てることになります。長野県にはリウマチ肺障害研究会という組織があり、年1回、呼吸器内科医とリウマチ医が集まって、症例検討や講演会を開催し、理解を深めています。

 最近では、生物学的製剤投与時におけるB型肝炎の劇症化の問題が注目されています。今後は肝臓内科医とも連携していく必要がありそうです。

 地方では施設間の連携も特に重要です。リウマチ専門医をかかりつけ医に持つのが困難でも、身近なかかりつけ医がリウマチ専門医と連携していれば、治療が難しい時は紹介によって適切な治療を施し、落ち着いたら元の地域に戻すことができるので、患者さんも安心して、かかりつけ医にかかることができます。

 信州リウマチネットワークでは、個々の医師の了承を得た上で、地域ごとにリウマチ医療に取り組んでいる医師や医療機関をリストアップしたり、当ネットワークへの協力を表明された施設名を紹介しています。

医療スタッフ対象のミーティングを年1回開催
 RA診療では、医師同士の連携だけでなく、チーム医療も特に大切です。これまでは、問診から疾患活動性(DAS値)の算出、患者さんへの説明、処方や予約のオーダリングまでを、医師が実施しているところが多いと思います。これでは貴重な診療時間を必要以上に費やしてしまいます。

 そこで、医師でなくてもできるけれども重要な役割を医療スタッフが担うことで、診療の迅速化と同時に質を高めることができます。例えば自己注射の指導を薬剤師が担当している施設もあります。