中国で確認されている鳥インフルエンザH7N9型ウイルスのヒト感染例は、2月に入ってからも報告が続いている。

 2月6日9時現在の集計では、2月に報告された患者数は28人、死亡は6人となった。1月に発表された患者数は128人、死亡は29人だった。

 2月は広東省からの報告が多く、2月6日9時現在、13人の患者が確認されている(死亡は5人)。浙江省が11人、福建省が3人、江蘇省が1人(死亡1人)と続く(図1)。

図1 2014年1月に入ってからのH7N9鳥インフルエンザ感染者の推移