香港政府は12月2日、鳥インフルエンザH7N9型ウイルスのヒト感染例が確認されたと発表した。患者は36歳女性で、現在、危篤状態にあるという。

 発表によると、患者は11月に深セン市に滞在し、そこで家禽類との接触歴が確認された。患者は、11月21日に発症し、11月27日にTuen Mun病院に入院した。その後、30日にQueen Mary病院に転院した。濃厚接触者はある程度の症状を認めるため、Princess Margaret病院にて隔離されている。

 この事態を受けて香港政府は、パンデミック・インフルエンザ対策の警戒レベルを「alert」から「serious」に引き上げる一方、予防策の一環として、患者とともに深セン市を訪れた友人を探している。

 また、深セン市の3農場からの生きた鶏の輸入を禁止したほか、今回の患者確認について中国本土の衛生当局ならびにWHOに報告した。