WHOのまとめによると、11月26日時点で、新コロナウイルスMERS-CoV感染者が160人に達した。うち68人が死亡。致死率は42.5%となっている。

 10月末にはクェート、11月にはオマーンでも患者が確認され、感染者が確認された国は、サウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦など中東を中心に10カ国に広がっている。

 最も多いのはサウジアラビアで130人の感染者が確認され、うち56人が死亡している(致死率43.1%)。カタールが9人、アラブ首長国連邦が7人と続いている。

 これまでの患者数の推移をみると、5月が33人と最も多く、6月の27人、9月の22人と続く。10月が19人、11月がこれまで11人と、最近は減少傾向にある(図1)。

図1 MERS-CoV感染者の推移(WHOの発表データをもとに作成)[クリックで拡大]


☆ テーマサイト「インフルエンザ診療Next」と「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ