中国国家衛生・計画生育委員会は5月13日、5月6日16時から5月13日16時までに確認された鳥インフルエンザA(H7N9)感染者を発表した。新たな感染者は1人、死亡は4人だった。これで、中国と台湾をあわせ、感染者総数は131人(うち死亡35人)となった。

 この間に確認されたのは、江西省の1人だった。また、死亡は、上海市、河南省でそれぞれ1人ずつ確認された。残りの二人については、地域は公表されていない。

 累積1日当たり報告数は、5月2日に4人を割り込み、5月6日には3.5人まで減少、5月13日には3.0人に達した。一方、累積致死率は5月13日までに新たに4人が確認されたことにより、13日時点で26.7%と上昇した。

図1 中国の鳥インフルエンザA(H7N9)の推移(発表日を基準に作成)[クリックで拡大]