中国の鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染が拡大している。中国国家衛生・計画生育委員会の4月16日20時の発表によると、4月15日18時以降、新たに14人の感染者が確認された。1日当たりの確認例としては、これまでの最多となった。上海市から6例、浙江省から5例、江蘇省から3例だった。

 これで中国のヒト感染例は、北京市で確認された臨床症状のない1人を加え、計78人となった。また、すでに確認例と診断されていた患者のうち2人が死亡。これまでの死亡例は16人となった(図1、表1)。

図1 中国のH7N9型鳥インフルエンザの推移

 地域的には、上海市が30人(死亡11人)で最も多く、浙江省が21人(死亡2人)、江蘇省が20人(死亡2人)などとなっている。

表1 中国での鳥インフルエンザH7N9型ウイルスのヒト感染例の推移

■参考情報
WHOのFAQ:2013年4月5日現在のインフルエンザA(H7N9)ウイルス人感染の背景と概要(国立感染症研究所・感染症疫学センターの訳)
インフルエンザA(H7N9)〜新着情報〜(国立感染症研究所)
在上海日本国総領事館
在中国日本大使館
中国国家衛生・計画生育委員会