中華人民共和国衛生部は3月31日、上海市と安徽省で3人がH7N9型鳥インフルエンザに感染したと発表した。上海市の患者は87歳男性と27歳男性。87歳男性は、2月19日に発病し、3月4日に死亡した。27歳男性は2月27日に発病し、3月10日に死亡した。また、安徽省ジョ州市では、35歳女性が、3月15日に発病、現在危篤状態にあり江蘇南京にて治療中だという。

 3人の臨床症状は、早期に発熱や咳などの呼吸器感染の症状を呈し、その後重篤な肺炎と呼吸困難へと進展していた。 3月29日午後、中国疾病管理センターは、対象患者の検体からH7N9型の鳥インフルエンザウイルスを検出した。 3月30日、国家衛生当局と計画生育委員会組織の専門家は、患者の臨床症状や検査室での検査及び疫学調査の結果から、3人の患者はいずれもH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染例と診断した。 これまでのところ、3人の患者間の疫学的関連性は見つかっていない。

 中国衛生当局は今回の事態を重く受けとめて、直ちに専門家を現地に派遣し、治療と流行に対する対策の指導に当たらせている。現在、上海市と安徽省、江蘇省の三省市衛生部門が、患者の治療や濃厚接触者の追跡と医学的観察、流行のモニタリングなどの措置を継続している。 これまでのところ3人の患者と濃厚接触のあった88人には、いずれも異常な状態が発生していないという。

 また専門家らは、これまでの濃厚接触者の医学観察の結果から、今回検出されたウイルスにはヒト‐ヒト感染能力は見られていないとの認識を示している。

 なお、中国衛生当局は、今回の患者の発生状況について、既にWHO及び香港マカオ台湾地区や関連国に通知を出しているという。

H7N9型鳥インフルエンザのヒト感染例を発表した中華人民共和国衛生部のリリース