各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数によると、第3週(1月16日から22日)時点で、全国平均で22.73人と急増、この5年では昨年に次いで2番目に多い水準となった(図1)。各都道府県は、今後もいっそうの増加が考えられると警告、外出後の手洗いやうがいの励行、咳エチケットを心がけるよう求めている。

 編集部のまとめでは、福井県が県全体で59.88人と先週の16.38人から急増し、警報レベルとされる「30人」を超えた。このため、1月18日に発令した「インフルエンザ注意報」を25日付けで「インフルエンザ警報」に切り替えた。

 高知県は前週の19.52人から59.31人と急上昇した。新型インフルエンザが流行した2009/10シーズンのピーク値である45.92人も超えた。

 三重県でも52.2人となり、同県の昨シーズンのピークだった第10週(31.0人)を大きく上回った。同県では全ての保健所管内で定点当たり患者報告数が警報レベルとされる「30人」を超えた。

 総じて患者数の増加スピードが早く、医療機関側が一挙に押し寄せると考えられる多数の患者に応じ切れるのか心配な状況となっている。

図1 インフルエンザ定点当たり届出数の推移(全国平均)