中国衛生部は1月22日、貴州省で鳥インフルエンザH5N1ウイルスのヒト感染例が確認されたと発表した。

 患者は1月6日に症状が現れ、同月19日に入院した。しかし、同月22日12時30分に死亡した。この患者と密接な接触があったのは71人で、これまでのところ症状は現れていないという。

 中国では昨年末、39歳男性(広東省深セン在住)の感染が確認された。患者は、2011年12月21日に発症し同月25日に入院していたが、同月31日に死亡した。

 中国では旧正月を祝う「春節祭」が1月23日から始まったばかり。人の全国的な大移動に加え、市場などでの家禽類との接触機会も増えることが考えられ、中国衛生部としても鳥インフルエンザH5N1ウイルスの感染には十分に留意するよう求めている。

■参考
贵州省确诊一例人感染高致病性禽流感病例(中国衛生部)