表1 2週時点でインフルエンザ定点当たり届出数の多かった都道府県

 インフルエンザの流行が拡大している。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数によると、2週(1月9日から15日)時点で、全都道府県が流行の目安とされる「1人」を超えた。また、岐阜県、愛知県、三重県、高知県など12県で、全県的に注意報レベルとされる「10人」を超えた。

 2週時点で最も多かったのは、岐阜県で23.82人。愛知県が22.63人、三重県が21.92人、高知県が19.52人、福井県が16.38人で続く。

 先週からの増加をみると、高知県は2.48人から一挙に19.52人に増加した。佐賀県も患者数は少ないものの、0.49人から3.85人と7.86倍となった。長崎県や宮崎県、茨城県や石川県などでも増加率が高く、留意が必要だ。

 東京都のデータによると、新学期の開始を機に児童間での流行が広がっている傾向にあり、インフルエンザ対策の徹底が求められる。

表2 都道府県別に見たインフルエンザ定点当たり届出数(2012年1週と2週)

都道府県1週2週2週/1週
全国3.767.33 1.95
北海道2.673.58 1.34
青森県1.782.32 1.30
岩手県4.69.75 2.12
宮城県7.989.20 1.15
秋田県2.383.69 1.55
山形県2.045.38 2.64
福島県3.339.08 2.73
茨城県1.033.62 3.51
栃木県1.832.97 1.62
群馬県1.232.64 2.15
埼玉県1.394.10 2.95
千葉県1.834.70 2.57
東京都0.953.22 3.39
神奈川県0.792.41 3.05
新潟県0.481.58 3.29
富山県1.353.73 2.76
石川県1.525.23 3.44
福井県5.2816.38 3.10
山梨県1.584.43 2.80
長野県2.315.07 2.19
岐阜県16.623.82 1.43
静岡県2.868.41 2.94
愛知県16.2222.63 1.40
三重県15.1721.92 1.44
滋賀県8.8511.75 1.33
京都府3.537.55 2.14
大阪府4.548.91 1.96
兵庫県3.568.37 2.35
奈良県3.938.11 2.06
和歌山県4.8612.84 2.64
鳥取県3.146.21 1.98
島根県2.322.84 1.22
岡山県7.7913.71 1.76
広島県4.57.98 1.77
山口県6.0111.03 1.84
徳島県4.257.63 1.80
香川県9.3515.86 1.70
愛媛県4.9715.00 3.02
高知県2.4819.52 7.87
福岡県2.425.13 2.12
佐賀県0.493.85 7.86
長崎県1.155.15 4.48
熊本県1.544.71 3.06
大分県1.624.22 2.60
宮崎県1.365.88 4.32
鹿児島県1.353.71 0.00
沖縄県8.412.17 1.45

☆ テーマサイト「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ。