WHOは10月18日、2009年に発生した新型インフルエンザパンデミック(世界的大流行)を引き起こしたウイルスの名称を「A(H1N1)pdm09」と正式に決定した。

 WHOは2010年8月、2009年に発生した新型インフルエンザウイルスによるパンデミックが終息したと宣言。今後は、季節性インフルエンザと同様に対応していく方向性が示された。しかし、季節性インフルエンザのウイルスには、Aソ連型(A/H1N1)が存在することから、名称をめぐって少なからぬ混乱があったことから、今回、正式に「A(H1N1)pdm09」と決定したもの。

■参考
Standardization of terminology of the pandemic A(H1N1)2009 virus