厚生労働省は9月22日、品質試験で不適合の可能性が明らかになった北里第一三共ワクチン季節性インフルエンザワクチンは、同社の再試験の結果、トリレオウイルスの混入が確定したと発表した。これにより、約236万本分のワクチンが出荷できなくなった。

 今シーズンに向けた北里第一三共ワクチンの製造予定量は約478万本。今回の不適合の確定により、半数近くに減少することになる。

 今シーズンのインフルエンザワクチン需要予測は、約2771万〜2798万本。これに対し、供給予定量は当初の約2946万本から約2700万本に減少し、供給予定量が70万〜100万本ほど不足する可能性が出てきた。

 これについて厚労省は、「現時点では、需要予測やそれに基づく近年の供給実績及び実際の使用実績を見ると、今シーズンの需給への影響は少ないものと考えられる」としている。

 なお、トリレオウイルスは、トリの関節炎の原因ウイルスで、「ヒトに対する病原性は知られていない」(厚労省)という。