Meiji Seikaファルマは7月22日、アリーア メディカルが製造販売承認を持つインフルエンザ診断薬クリアライン®InfluenzaA/B/(H1N1)2009」について、日本国内における独占的販売契約を締結したと発表した。

 クリアラインは、2011年7月11日にアリーアが製造販売承認を取得した。これまでのA型インフルエンザおよびB型インフルエンザに加え、インフルエンザ(H1N1)2009も同時に鑑別できる。

 診断には、従来品と同様、咽頭部または鼻腔部から採取した検体を使う。スティック型で操作が簡単で、10〜15分で結果が得られる。最大の特徴は、一度の検査でA型インフルエンザおよびB型インフルエンザに加え、インフルエンザ(H1N1)2009の検出が可能なところ。インフルエンザ(H1N1)2009は、2011年春に、法律上は新型から季節性に移行した。しかし、2009年の発生からまだ2年であり、その動向には依然として注意深い監視が必要となっている。