17週(4月25日から5月1日)のインフルエンザ定点当たり届出数によると、前週より増加したのは沖縄県佐賀県長崎県など16県となり、前回の36都道府県から大幅に減少した。全国平均では6.75人となり、3週ぶりの減少となった。

 17週に最も多かったのは長野県で、2週連続となった。ただし、定点当たり届出数は20.40人と前週の25.51人から減少した。これに、福井県(19.56人)、沖縄県(18.60人)、宮崎県(18.58人)、佐賀県(17.56人)、長崎県(15.99人)が続き、九州や北陸での流行が目立つ(図1)。なお、注意報の目安とされる「10人」を超えたのは10県で、前回の14道県から減少した。

図1 インフルエンザ定点当たり届出数の推移(上位自治体と全国平均)

 前週からの増加率をみると、宮城県が0.78人から1.98人と2.54倍となったほか、岩手県が1.70倍(2.23人から3.79人)、沖縄県が1.30倍(14.36人から18.60人)、秋田県が1.24倍(7.65人から9.47人)などとなっている(表1)。東日本大震災の被災地である宮城県や岩手県、福島県や茨城県、青森県で増加している点が気がかりである。

表1 インフルエンザ定点当たり届出数が前週より増加した自治体

16週17週17週/16週
全国平均7.56 6.75 0.89
宮城県0.78 1.98 2.54
岩手県2.23 3.79 1.70
沖縄県14.36 18.60 1.30
秋田県7.65 9.47 1.24
佐賀県14.28 17.56 1.23
長崎県13.06 15.99 1.22
滋賀県6.06 7.23 1.19
福島県3.03 3.53 1.17
茨城県4.50 5.02 1.12
愛媛県8.69 9.56 1.10
和歌山県7.08 7.66 1.08
京都府5.76 6.22 1.08
徳島県8.49 8.97 1.06
青森県13.72 14.28 1.04
福井県19.47 19.56 1.00
熊本県5.09 5.11 1.00
奈良県6.65 6.62 1.00