WHOによると、3月15日、エジプト鳥インフルエンザのヒト感染例が新たに1例確認された。

 患者は38歳女性(Ismailia Governorate在住)で、3月1日に発症し、同月7日に入院した。人工呼吸器による管理下にあったが、3月11日に死亡した。

 感染経路としては、鳥インフルエンザに感染していたと思われる病気の家禽との接触が疑われている。

 WHOが統計を取り始めた2003年以降、エジプトでは130例、うち死亡が44例となった。2011年に入ってからは11例目で、最も多くなっている。