エジプトで新たに2人の鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例が確認された。これで2011年に入り10件となった。WHOが3月10日に発表した。

 患者は17歳女性でBehira Governorate在住とDakahlia Governorate在住の2人。前者は、2月27日に発症し、3月1日に入院。タミフルの治療を受け、現在、症状は安定しているという。もう1人は2月24日に症状が現れ同月26日に入院し、タミフルによる治療を受けていたが、28日に死亡した。

 2人とも病気や死んだ家禽との接触が示唆されている。

 なお、7日に発表された32歳女性は危篤状態だったが、3月3日に死亡が確認された。

 エジプトでの感染例は、WHOが統計をとりはじめた2003年以降で129件となった。うち死亡は43件となった。