図1 鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例の推移(全体とエジプト)

 WHOは3月7日、エジプトで新たに2人の鳥インフルエンザH5N1ヒト感染例を確認した。2011年に入ってからエジプトでは8例目となった。

 患者は、32歳女性(Sharkia Governorate在住)と2歳男児(Kafr Elsheikh Governorate在住)。32歳女性は、2月10日に症状が現れ同月14日に入院した。現在、危機状態にあるという。2歳男児は、2月18日に発症し同月20日に入院した。現在も治療を受けているが、状態は良好という。

 これでエジプトでは、WHOが統計を取り出した2003年以降、127例目となった。うち死亡は41例。鳥インフルエンザのヒト感染例は、最近はエジプトからの報告が目立っており、2011年に入ってから報告された12例のうち8例はエジプトの事例となっている。特徴の1つは、致死率の動向。全体の累積致死率は58.9%となっているが、エジプトでは2009年以降、30%台で推移している(図1)。


☆ テーマサイト「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ。