WHOは1月5日、エジプトで新たに4人の高病原性鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例を確認したと発表した。

 最初の1例は、Sharkia県在住の56歳女性。昨年12月22日に症状が現れ、翌23日に入院しタミフルによる治療を受けた。30日には症状が安定し退院した。感染経路など詳しくは分かっていない。

 2例目は、Qena県在住の25歳女性。昨年12月19日に発症し、27日には入院。29日に死亡した。家禽との接触暦が示唆されている。回復した1例目との違いは、発症から入院治療までの時間で、治療開始までの時間が遅かったことが死亡につながった可能性もある。

 3例目は、Ismailia県在住の27歳男性。昨年12月23日に症状が現れ、28日に入院した。現在も治療中。感染経路など詳しい情報は不明。

 最後の例は、Dakahlia県在住の40歳男性。昨年12月25日に症状が現れ、30日に入院したが、2011年1月2日に死亡した。この症例も発症から入院まで5日あり、治療までの時間がかかっていた。この症例は、家禽との接触があった。

 WHOが統計を取り始めた2003年からこれまでに、エジプトでのヒト感染例は119件となった。死亡件数は40件で、致死率は33.6%に留まっている。これは、インドネシアで80%超の致死率であるのに対して、際立って低い水準にある。