図1 インフルエンザ定点当たり届出数の推移

 各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数(48週、11月29日〜12月5日)によると、11都道県で流行の目安とされる「1人」を超え、前週の2道県から大幅に増加した(図1)。

 48週に1人を超えていたのは、北海道(3.82)、佐賀県(2.41)、長崎県(2.00)、大分県(1.33)、埼玉県(1.30)、鹿児島県(1.26)、沖縄県(1.14)など11都道県(表1)。前週は北海道、大分県だけだったが、この1週間で一挙に拡大した。特に、九州で目立っており、九州地区全体としても「1人」を超えた。

表1 インフルエンザ定点当たり届出数の多い都道府県(編集部調べ)

全国0.70
北海道3.82
佐賀県2.41
長崎県2.00
大分県1.33
埼玉県1.30
鹿児島県1.26
沖縄県1.14
群馬県1.06
宮城県1.04
宮崎県1.02
福島県1.00
岐阜県0.87
東京都0.76

図2 検出されたウイルス株(国立感染症研究所感染症情報センターのインフルエンザウイルス分離・検出速報)

 国立感染症研究所感染症情報センターのインフルエンザウイルス分離・検出速報によると、43〜47週の5週間で、A/H1N1pdmが12都府県から51件、A香港型が23都道府県から145件、B型はビクトリア系統株が4府県から6件、系統不明株が大阪府から2件報告されている。A香港型が優勢のようだが、A/H1N1pdmも分離・検出例全体(204件)の25%を占めている(図2)。


☆ テーマサイト「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ。