中国衛生部は11月17日、香港高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染が確認されたと発表した。

 患者は59歳の女性で、香港特別行政区在住。11月2日に鼻水などの症状が現われ、11月14日に肺炎のために入院した。11月16日には重症観察室へ転入し、現在、患者は香港の病院で隔離治療を受けている。

 香港衛生予防保護センターは11月17日、患者のサンプルを検査した結果、H5N1ウイルス陽性を確認した。同日、香港衛生部門は高病原性鳥インフルエンザのヒトへの感染と診断した。患者の家族については、全員医学観察を受けたが、異常症状は報告されていない。

 現地では現在、密接接触者に対して追跡調査と感染源調査を展開しているという。


☆テーマサイト「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ。