中国衛生部は6月4日、湖北省で鳥インフルエンザH5N1のヒト感染例を確認したと発表した。患者は22歳女性で、6月3日に死亡した。

 発表によると、患者は湖北省鄂州市鄂州区在住で、5月23日に発症した。病状が悪化し入院治療を受けたが回復せず、6月3日0時35分に死亡した。

 湖北省疾病予防コントロールセンターは6月2日、患者検体から鳥インフルエンザウイルス(H5N1)陽性を確認した。また、6月4日には中国疾病予防コントロールセンターも確認した。

 疫学調査によると、患者は発症前に死んだ家禽との接触歴があったという。なお、当地では鳥インフルエンザの鳥への流行は観測されていない。

 現地政府は、感染例の発生後、密接な接触者に対して医学観察を実行しているが、これまでに異常な臨床症状は現れていないという。


■参考情報
湖北省确诊一例人感染高致病性禽流感病例