都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数(速報値)によると、2010年1週(1月4日〜10日)は全国平均で9.18人となり、6週連続の減少となった。ただし、17都県で増加し、前週の1自治体から拡大した。特に奈良県では前週の1.4倍に増加し、東京都や神奈川県、愛知県などでも増加に転じた。

 前週より増加したのは、奈良県のほか、東京都(1.32倍)、神奈川県(1.27倍)、愛知県(1.19倍)、千葉県(1.21倍)などで、首都圏での増加が目立つ(表1、図1)。

表1 前週から増加した自治体

53週1週1週/53週
全国10.229.180.90
奈良県5.277.361.40
東京都4.165.511.32
神奈川県4.525.721.27
愛知県11.2914.071.25
千葉県7.038.531.21
愛媛県14.0716.81.19
岡山県7.318.441.15
長崎県11.5412.861.11
宮城県5.025.481.09
佐賀県10.5111.361.08
兵庫県7.888.511.08
山口県7.257.791.07
和歌山県8.288.861.07
三重県9.5410.071.06
新潟県8.188.621.05
静岡県15.8716.421.03
徳島県8.949.181.03

図1 インフルエンザ定点当たり届出数の推移(各数値は速報値であるため修正される可能性がある。増加率が高かった上位自治体)

 1週でもっとも多いのは、沖縄県の45.14人だった。宮崎県が17.34人、愛媛県が16.8人、静岡県が16.42人、高知県が16.19人と続く。警報レベルの目安とされる「30人」を超えているのは沖縄県だけで、前週と変わっていない。

 国立感染症研究所のインフルエンザウイルス分離・検出速報(1月7日現在報告数)によると、最近、分離・検出されているウイルスは、ほとんどが新型インフルエンザ(A/H1N1)となっている。

■参考
各都道府県別のインフルエンザ流行状況