都道府県が34週(8月17〜23日)時点でまとめたところによると、インフルエンザの定点当たり届出数が流行の目安とされる「1人」を超えたのは42都道府県に上った。前週より倍近くに増えている。

 最も多いのは沖縄県で46.31人となった。全国で2.47人であり、沖縄で最も流行が拡大していることが分かる。

 次いで多いのは、埼玉県の2.94人、神奈川県の2.85人、福井県の2.84人、徳島県の2.84人、大阪府の2.81人などとなっている(表1)。

 このほか、広島県(0.94人)、岡山県(0.92人)、富山県(0.91人)、北海道(0.82人)、和歌山県(0.71人)なども、流行の目安とされる「1人」に迫っている。

 国立感染症研究所の病原微生物検出情報(8月28日現在)によると、最近の検出結果はほとんどが新型インフルエンザウイルスで、今回の流行は新型優位といえそうだ(図1)。

図1 インフルエンザウイルスの検出状況(国立感染症研究所病原微生物検出情報8月28日より作成)

表1 各都道府県のインフルエンザ定点当たり届出数(編集部調べ)

全国2.47
沖縄県46.31
埼玉県2.94
神奈川県2.85
福井県2.84
徳島県2.84
大阪府2.81
千葉県2.65
東京都2.64
滋賀県2.54
京都府2.46
高知県2.35
愛知県2.32
福島県2.13
兵庫県2.01
佐賀県2.00
秋田県1.95
香川県1.94
山梨県1.90
鹿児島県1.90
奈良県1.85
静岡県1.81
茨城県1.76
福岡県1.74
島根県1.71
新潟県1.67
長野県1.63
鳥取県1.59
長崎県1.59
大分県1.59
三重県1.58
熊本県1.46
宮崎県1.37
栃木県1.30
山形県1.29
岐阜県1.29
岩手県1.22
石川県1.13
群馬県1.09
愛媛県1.08
宮城県1.07
山口県1.06
青森県1.02
広島県0.94
岡山県0.92
富山県0.91
北海道0.82
和歌山県0.71