「パンデミックに挑む」編集が実施した「パンデミックワクチンの優先順位に関する調査(その2)」の最終結果によると、もっとも優先順位が高い集団は、「医学的ハイリスク者(感染すると重篤化の可能性がある疾患を持つ人)」(58.5%)だった。前回の2月調査では、ハイリスク群と「小児」が、それぞれ45.8%と 42.4%で拮抗していた。今回は、小児の優先順位をもっとも高くした理由について、回答した人の意見から主なものを紹介したい。

(1)小児に対して手厚い予防策を講じるのは当然であろう。医学的ハイリスク群に対しても、予防接種を行わないと感染して死亡する例が多くなると思うので必要。現在までの情報だと、メキシコでの死亡例の多くは若年者であり、また高齢者の感染が少ないように見えるので、成人・若年者を高齢者より優先した。

(2)抵抗力が弱く、日本社会の将来を担う小児を最優先する。成人、若者には勤労者が多く、不特定多数と接するために、高齢者より優先する。

(3)判断基準は難しいですが、基本的には生命の幼さ、自立性、余命という観点で 判断してみました。

(4)少子社会であるわが国の持続的発展を考えると、小児が最優先。次に若年者だが、医学的ハイリスク者の中にも若年者がいると考えた。

(5)小児については、国の将来を考えた上で、一番に守らなくてはならない対象であるため。成人・若年者が、企業活動、経済活動等を支える実働部隊のため、その次に重要。申し訳ないが、高齢者は一番後回しである。ここまで、小児>成人・若年者>高齢者。ただし、医学的ハイリスク者については、どの層(小児、成人・若年者、高齢者)の中においても、優先的に摂取されるべきと考えており、それは国民一人ひとりの生きる権利をなるべく平等にもつためには、もともと困難者には優先順位をあげてよいと考える。詳細には、小児ハイリスク>小児一般>成人・若年者ハイリスク>成人・若年者一般>高齢者ハイリスク>高齢者一般である。

小児死亡率が上がるのは、長期的に見て国家的に深刻な影響を与える

(6)少子高齢化が既に社会問題になっている以上、小児死亡率が上がるのは、長期的に見て国家的に深刻な影響を与えると考えられる。また、死亡率の上昇を抑制するという観点から、ハイリスクの人には接種が必要であり、次にもっともウィルスに曝されやすい成人・若年者が順位すると思う。

(7)死亡してほしくない順位で行っていくべきと思います。また、人道的に弱者を救済すべきと思います。

(8)高齢者については以前から議論があったが、現状の新型インフルは高齢者に発症者が少なく、何らかの免疫をすでに持っている可能性が示唆されている。そうしたことも踏まえ、優先順位は最も低いのが妥当。日本はただでさえ少子化が進み、将来の人口減少が懸念されている。医学的ハイリスク者は道理では優先度が高いと思われるが、より将来的なことを考えると、小児を優先することが妥当。

(9)やはり、未来を担う小児が一番。冷たいと言われそうですが、自分も足を踏み入れつつある高齢者より、社会を支えている成人・若者が優先で良いのではないか。

(10)今回の新型インフルエンザは低病原性であること・高齢者の羅患率が低いこと・感染発症での重傷度が季節性インフルエンザより高いこと、が推測されてます。このことより、小児・医学的ハイリスク者の方達は、同順位であるべきと思います。そして、低病原性(あくまで可能性)なので、成人・若年者は最後にならざるをえない、と考えます。

小児は将来を担う存在である

(11)生産性の確保を考慮すれば成人・若年者の優先順位は上がるのだが、やはり心情的に弱者から優先で予防接種させたいと考える。その中でも、小児は将来を担う存在であるので、その意味でも優先順位はもっとも高いと考える。その後に、医学的ハイリスク者、高齢者と優先順位をつけた。高齢者の優先順位が低いのは、将来性を加味した。

(12)次世代優先で、小児を最優先すること、高齢者を最下位におくことに迷いはありませんでした。医学的ハイリスク者と成人・若年者の順位については、ウイルスの感染力や毒性によって逆になる場合もあると思います。

高齢者は外出を控える・人と接触しないようにする等で感染の機会を減らす努力を

(13)小児はこれからの長い人生が有り、日本の、人類のために健康で成長して欲しい。また、脳症等を起こすのもほとんどが幼児と小児であり、新型で障害等を残すことのないようにして欲しい。成人・若年者は、現在と近い将来の日本を支えるべき者達であり、健康であって欲しい。医学的ハイリスク者は、感染した場合のリスクが高いので感染を避ける、または感染しても重症化しないための接種が望ましい。高齢者は、人生を生きてきたものであり、また現在の生産性にも貢献度は低い。社会機能の維持としても貢献度は高くない。外出を控える・人と接触しないようにする等で感染の機会を減らす努力をするべきと考えます(私もここに入る)。

(14)国家国民の危機においては、社会機能の維持のため、安っぽい人道主義は省みず、高齢者は優先すべきではないと考えます。

(15)未曾有の危機に向かうにあたっては、未来を担う者が優先であり、彼らの権利を守る必要がある。年寄りだけが生き残るなんていうブラックジョークは避けなければならない。

医療従事者の家族、特に子どもは医療従事者と同等に

(16)これは強毒性の新型インフルエンザを想定したワクチン接種に関する意見です。子どもはこの国の将来をつくるために一番大切だと思います。少子高齢化の中、もし、多くの子どもが死亡すれば国の存亡に関ります。また、私達大人は人生を全うしてきました。子どもたちに人生を奪うことのない様してあげるべきです。2番目に成人・若年層にしたのは社会を支える為に必要だからです。3番目に医学的ハイリスク者としたのは病院に行く機会が多い為、事前投与で抗ウイルス剤の投与も可能と考えました。また、重症の場合は外出をする機会も少なく感染のリスクは少ないと考えたからです。最後に高齢者にしたのは自然界でもこうなると考えました。私が年をとったらやはりこうすると思います(私は難病ですが、3番目と考えます)。また、医療従事者の家族、特に子どもにワクチンの接種を優先順位として医療従事者に含んでいただきたいと希望します。家族間で感染するのは必須であり、強毒性の新型インフルエンザが発生すれば対応する医師が悩むのは此処であると思います。対応する医師・看護師の確保を望むなら、その家族が安心でるようにすることが大切だと思います。わが家も対応病院の医師ですがH5N1が新型インフルエンザとなる可能性のなかで、夫が一番つらい選択を迫られることです。対応病院でも予算の関係で、抗インフルエンザ薬も防護具も十分でないのが現実です。また、最近H5N1関連の記事が少なくなり残念です。インドネシア・エジプトでH1N1との同時罹患でウイルスの交雑するかなどが心配です。ぜひ、報道をお願いします。また、豚由来の新型インフルエンザで医療資源が枯渇しない為にはどのようにしたらよいか具体案をお願いします。

(17)ただでさえ少子化なのに若年層を保護しなくてどうする。

(18)子どもの将来が最優先されるべき

(19)子どもの接種は自分の意思を表示できないことを考慮した。成人・若者は罹患すると進行が速いと聞いてるので、罹患前早めの対策を考慮した。疾病患者は自身がリスクを考慮し行動が慎重になれであろうと思われるので最後とした。

心情的には全ての集団が平等に摂取できるのが当然であってほしい

(20)心情としては、全ての集団が平等に摂取できるのが当然であってほしいというのがある。また一方、人の命の軽重を、人が量る危うさを考えると、限られたワクチン数を、診察を受けた順に、老若男女、リスクの有無は関係なしに摂取していくことが、人の意思を介在しない命に対する平等とも考える。しかしながら、昨今のワクチン量は、全ての罹患者をまかなえず、かつ、絶望的に少ないと言うわけでもない状況であるようだと推察した上で、'社会的'に容認されやすいだろう順位を、あえて私見で考えると、「小児>高齢者>ハイリスク群>成人・若年者」の順位に至った。もし、人類の存亡というレベルで問題が生じたら、ためらわず最も生き残る集団を優先すべきと考える。以上を踏まえた上で、私が選んだ根拠は、(1)小児は将来の社会を担う世代で、かつ、罹患により死亡する可能性が成人・若年者より高い。(2)高齢者は罹患により死亡のリスクが成人・若年者より高い。また、おそらく上記母集団中、最も区分として多く、優先順位を下げた結果が、高齢者を見捨てる選択を露骨にしている様相を呈すのではないか。小児と高齢者に厳しい社会となるのは、心情的に受け入れ難い。(3)医学的ハイリスク者は、上記と似た理由で、社会的にマイノリティーな集団に属する人達を、軽んじる国であってほしくないという思いから選んだ。(4)成人・若年者は母集団中、他の集団と比べ、体力的に感染に対する抵抗力を持ちうるだろうという思いから、最も低い優先順位とした。これを書きつつも、だれかから非難を受けるような思いにとらわれる感触がある。パンデミック時、現場で決断を強いられるスタッフの苦しみは察してあまりある。ヒトという種の視点から考えると、この様な出来事も、ヒトが適応して生きぬいていくための一つの出来事なのかもしれない。

(21)小児の死亡が多くなると今後の日本の存在にかかわる。

◆ ご意見をお寄せください。
 パンデミック・アラームでは皆様からの投稿をいただき、情報を共有する場としたいと考えております。今回のアンケート結果について、あるいは、紹介した個々の意見に対して、ご意見、ご要望などありましたら、以下の画面からご連絡ください。可能な限り、双方向性の意見交換を実現できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C0064396G.html