WHOによると、エジプトで5月26日、鳥インフルエンザA/H5N1のヒト感染例が新たに2人確認された。エジプトでは5月13日から20日までに、相次いで5人の感染例が確認されたばかり。5月に入ってからの感染確認例は、これで9人となった。成人は1人だけで、ほかはいずれも3歳から4歳の子どもに集中している。9人中、1人が死亡。8人は病状が安定している。

 エジプトでは、今年に入ってから感染例が相次いでおり、WHOおよびエジプト保健省の発表では、1月に2人、2月に2人だったが、3月は5人に、4月には7例と増加していた。

 26日に確認されたのは、Hehia地区在住の4歳男児とAbo Hammad 地区在住の4歳女児。2人ともZagazig熱病院でタミフルによる治療を受けており、病状は安定しているという。

 4歳男児は5月24日に発熱が現れ、一方の4歳女児は5月23日に発熱があり、それぞれZagazig熱病院へ入院した。2人とも病気あるいは死んだ家禽との接触が示唆されている。

 これに先立ち5月13日から20日までに、確認が報告されたのは以下のとおり。

 4歳男児。Kafr Sakr地区在住。5月10日に症状が現れ、翌11日にZagazig熱病院に入院した。病状は安定している。

 3歳男児。Mahalla地区在住。5月12日に症状が現れ、15日にMahalla熱病院に入院。病状は安定。

 4歳女児。Meet Ghamr地区在住。5月9日に症状が出、17日にMansoura Chest病院に入院。18日に死亡。

 4歳男児。Sherbin地区在住。5月18日に症状が出て、同日にMansoura Chest病院に入院。病状は安定している。

 3歳男児。Sohag地区在住。5月17日に症状が現れ、翌18日にSohag熱病院に入院した。病状は安定している。
 
 以上の5人は、いずれも病気あるは死んだ家禽との濃厚接触が示唆されている。

表1 エジプトでの鳥インフルエンザ感染者の状況(WHO発表より作成。5月に入ってからの症例。WHO発表の前のカッコ内の数字は、2009年に入ってからの症例数)