神戸市は5月16日、神戸市内において新型インフルエンザ感染が否定できない患者が発生したことを受けて、一部地区の学校の臨時休校、神戸まつりの一部中止など、ソーシャルディスタンス関連対策を実行した。当面は、5月16日(土)から22日(金)までの7日間の措置となる。この間に感染状況の把握につとめ、それによってその後の対策を決定する方針。

 市の新型インフルエンザ対策本部の決定は、以下のとおり。なお、今回実施されるソーシャルディスタンス関連の対策は、新型インフルエンザウイルスが低病原性(感染力や毒性などが季節性インフルエンザと同等か少し上回る程度)であることを踏まえたもので、対策の実施による社会的あるいは経済的な影響とのバランスを考慮したものとなっている。

(1)幼稚園・小学校・中学校など学校関連
 第一学区(東灘区・灘区・中央区・芦屋市)内の神戸市立幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校は休校とする。私学・大学には休校を要請する。県立学校については、その旨、県に要請する。芦屋市にもその旨要請する。
 第一学区の学校は、修学旅行を延期する(私学にはその旨要請する)。
 第一学区の保育所・高齢者通所施設などは、休所・すでに来所された人の迎えをお願いする。

(2)そのほかの施設
 市関係の公共施設は、入口で衛生管理の注意を呼びかけ開館する(民間施設は、注意を呼びかける)。
 市役所業務は継続する。

(3)以下のイベントを中止する
 神戸まつり(東灘・灘・中央区);5月16日(土) すべてのイベントを中止(兵庫・北・長田・須磨・垂水・西区は予定どおり開催)
 こうべロボット夢工房withICRA2009;5月16日(土) すべてのイベントを中止
 エコカーフェア;5月16日(土)・17日(日) すべてのイベントを中止
 神戸まつり;5月17日(日) メインフェスティバルを中止(第28回ヨットレースは実施する予定)
 シティホールコンサート;5月20日(水) すべてのイベントを中止