米疾病対策センターCDC)の発表によると、米東部時間の5月11日12時41分現在、新型インフルエンザの感染者は44州で2600人となった。新規感染者数の推移をみると、5月8日に746人と4月24日以降最大となったが、それ以降は612人、278人、68人と減少傾向にある(図1)。死亡例は3例に留まっており、確認感染者をベースにした致死率は0.12%に留まっている。

図1 米国の感染者の推移(CDC発表データより作成)

 地理的な広がりを見ると、5月9日に44州に広がったが、10日、11日と44州のまま推移している。

 感染者数がもっとも多いのはイリノイ州で、487人となっている。ウィスコンシン州が384人で続く。カリフォルニア州は191人、ニューヨーク州は190人で、アリゾナ州182人、テキサス州179人などとなっている(表1)。

表1 米国で新型インフルエンザ感染者が確認された州と感染者数の推移(CDC)

 5月1日11時5月2日11時5月3日11時5月4日11時5月5日11時5月6日11時5月7日11時5月8日11時5月9日11時5月10日11時5月11日12時41分
アラバマ  144444444
アリゾナ441817174848131182182182
カリフォルニア132426304967106107171282191
コロラド22476171725413939
コネティカット 1222444142424
デラウェア44102020333839444444
フロリダ 2355556435354
ジョージア    1333333
ハワイ     335666
アイダホ   11111111
イリノイ333882122204392421466487
インディアナ33333151529393939
アイオワ  111155434343
カンザス222222712123618
ケンタッキー111112233310
ルイジアナ   147777999
メイン    1144444
メリーランド   44444232323
マサチューセッツ28766457183898888
ミシガン222228949103114130
ミネソタ11111111177
ミズーリ 1111249101014
ネブラスカ1 111444131313
ネバダ11111558999
ニューハンプシャー  111223444
ニュージャージー57776777777
ニューメキシコ  111388303030
ニューヨーク50506373909798174190190190
ノースカロライナ   117777711
オハイオ113335561266
オクラホマ     11441414
オレゴン   315151515151717
ペンシルバニア   11122101010
ロードアイランド  111227777
サウスカロライナ1613151516161729423232
サウスダコタ       1111
テネシー  1122239465454
テキサス2828404141619193110108179
ユタ  1111824606363
バーモント        111
バージニア2233331114161616
ワシントン     9233383102128
ワシントンD.C.       1444
ウィスコンシン  333626240317357384
感染者合計1411602262864036428961642225425322600
新規確認例3219666011723925474661227868
確認州1921303638414143444444