外務省や各国の保健当局などの情報によると、4月29日19時現在、新型インフルエンザの感染者を確認した国は8カ国となり、感染疑い例を確認したのは17カ国・地域となった。ただ、死亡例が確認されたのはメキシコのみで、他の国では確認されていない。なぜメキシコだけなのかは、今回の新型インフルエンザウイルスの毒性を評価する上で、最大のなぞとなっている。

 新型インフルエンザの感染者を確認したのは、メキシコ、米国、カナダ、スペイン、英国のほか、ニュージーランド、イスラエル、コスタリカの8カ国となった(表1)。

 また、感染疑い例を確認したのは、タイ、韓国、香港、オーストラリア、アイルランド、イタリア、スイス、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フランス、ベルギー、アルゼンチン、グアテマラ、コロンビア、ブラジル、ペルーの17カ国・地域となった。

■表1 4月29日19時現在、新型インフルエンザの感染者を確認した国

感染者  感染疑い
メキシコ26人(うち7人死亡)(4/27WHO発表)2498人(うち159人死亡)(4/28メキシコ政府発表)
米国64人(4/27CDC発表) 
カナダ6人(4/27WHO発表) 
スペイン2人(4/28スペイン保健・社会政策省発表)32人(4/28スペイン保健・社会政策省)
英国2人(4/27英国保健省)25人(4/27英国保健省)
ニュージーランド3人(4/28ニュージーランド保健省) 
イスラエル1人(4/28イスラエル保健省) 
コスタリカ2人(4/28コスタリカ厚生省)