世界保健機関(WHO)は4月8日、ベトナムで新たに鳥インフルエンザH5N1)のヒト感染例が確認されたと発表した。患者は、Chau Thanhの3歳男児で、3月12日に症状が現れ3月13日に入院したが、3月19日に死亡した。ベトナムでは今年に入ってから3例目の確認例となった。いずれも死亡している。

 今回確認された症例は、疫学的な調査で、病気かあるいは死んだ家禽との接触が確認されている。また、National Institute of Hygiene and Epidemiology (NIHE)によって、H5N1感染が確認されている。

 WHOのまとめによると、ベトナムでは2003年以降110例目となり、うち死亡が55例となった。

■WHOのリリース
Avian influenza – situation in Viet Nam - update 5