労働科学研究所は3月19日に、第2回フィットテストインストラクター養成講座を開講します。呼吸用防護具の正しい使用法及びN95レスピレーターのフィットテストが適切に実施できるフィットテストインストラクターのトレーニングが目的です。対象は、医師、看護師、保健師など感染管理に興味のある医療従事者、企業における安全管理者、危機管理担当者などです。

 講師は、和田耕治氏(北里大学医学部 衛生学公衆衛生学 講師)、吉川徹氏(労働科学研究所副所長 国際協力センター)、黒須一見氏(東京都保健医療公社荏原病院 感染管理認定看護師)です。

 日時は3月19日(土)13:00〜17:30。定員は40人です。会場は労働科学研究所 研修室。受講料は、労働科学研究所維持会員/学生は4000円(資料代・消費税込み)。学生の申込については、研修当日「学生証」の提示が必要になります。一般は8000 円(資料代・消費税込み)です。

 申し込みお問い合わせ等は、こちらをご覧ください。