9月11日に、感染対策のための呼吸用保護具セミナー「フィットテストプロバイダー養成講座」が開催されます。対象は、医療・介護従事者、救急隊員をはじめ、企業で継続した感染症対策を進めたい産業保健スタッフや危機管理担当者、メーカーの担当者です。講座では講義に加え、正しいフィットテストの方法に関する実技も行います。主催はフィットテストプロバイダー養成講座検討委員会で、第10回日本産業衛生学会医療従事者のための産業保健研究会が共催です。

 本講座では2010年4月に出版された「呼吸用防護具フィットテスト・トレーニングブック」を使い、呼吸用防護具の正しい使用法とN95レスピレーターのフィットテストが適切に実施できる、フィットテストプロバイダーのトレーニング教育を実施します。

 フィットテストプロバイダー養成講座のカリキュラムの概要は以下です。

・カリキュラム
 第1章:呼吸器感染する感染症と感染経路(20分)
 第2章:呼吸用防護具の種類と規格(30分)
 第3章:N95レスピレーターの正しい使用法(120分 実技込み)

・講師:和田 耕治 北里大学医学部 衛生学公衆衛生学 講師 医学博士
    吉川 徹 (財)労働科学研究所副所長 国際協力センター 医師
・対象:医師、看護師、保健師など感染管理に興味のある医療従事者、企業における危機管理担当者など
・日時:9月11日(土) 14:00〜17:30
・会場:北里大学 白金キャンパス薬学部1号館2階 1203教室
・受講料:
 【一般】1万円(資料代・消費税込み)
 【労働科学研究所 維持会員】 8000 円 (資料代・消費税込み)
 【感染管理認定看護師養成課程の研修生・学生】 3000 円 (資料代・消費税込み)
・定員:40人
・申し込み問い合わせ先(事務局):財団法人 労働科学研究所 維持会(担当;稲垣)
 〒216-8501 神奈川県川崎市宮前区菅生2-8-14 TEL 044-977-2123 FAX 044-976-8659
 詳しくは以下のホームページからどうぞ。
http://www.isl.or.jp/service/seminor/100911.html