国立感染症研究所は10月3日、「新型インフルエンザの現状と将来への備え」をテーマに講演会を開催します。 「日本での感染の広がりについて」「原因ウイルスと検査について」「ワクチンの製造について」「今秋からの具体的な対策について」の4つの講演が行われます。

 開催日は、10月3日12:00〜18:00。場所は国立感染研究所の戸山庁舎。定員は150人で、入場は無料です。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.nih.go.jp/niid/shisetsu/pdf/exhibition09.pdf