彦根市は9月26日、新型インフルエンザ講演会を開催します。 国立感染症研究所主任研究員の砂川富正氏が「この秋から冬に向けての新型インフルエンザ対策」と題して基調講演を行うほか、兵庫県立神戸高等学校養護教諭の渡辺かおる氏が「学校現場における対応」、彦根市長の獅山向洋氏が 「彦根市における対応」のテーマで、現場の対応について報告します。

 開催日は、9月26日(土) 13:30〜16:00。場所は、ビバシティ彦根 2階 ビバシティホール(彦根市竹ヶ鼻町 JR南彦根駅前)。申込期間は9月17日(木)まで。申し込み方法など、詳しくは以下をご覧ください。

http://www.city.hikone.shiga.jp/influenza/koza_090926.html