時事通信社は9月10日、新型インフルエンザ・パンデミック対策セミナーを開催します。テーマは、 「インフルエンザA(H1N1)感染爆発! 第1波対策の課題と第2波以後の脅威を探る」です。全国自治体の医療関係者、新型インフルエンザ担当者、危機管理担当者、教育委員会担当者らが対象です。

 WHO西太平洋事務局の第5代事務局長を務めた尾身茂と新潟大学大学院教授の鈴木宏氏が基調講演を行うほか、神戸市保健福祉局の桜井誠一氏らが登壇します。

 日時は9月10日(木)13:00〜17:30。会場は日比谷公会堂です。募集定員は1500人で、参加費は無料です。

 参加申込など詳しくは以下をご覧ください。
 http://jamp.jiji.com/sympo/