4月18日、グラクソ・スミスクラインが主催する新型インフルエンザ対策セミナーが開催されます。テーマは、「企業におけるパンデミック対策 〜共に危機を乗り越えるために〜」です。新潟大学公衆衛生学教授の鈴木宏先生が「新型インフルエンザ、対策のポイント〜医療の観点から〜(仮題)」、三井物産株式会社人事総務部健康管理室診療所長の佐藤潤一先生が「海外派遣社員を持つ企業の対策〜社員の安全確保、感染対策の観点から〜(仮題)」のそれぞれのテーマで講演します。「グラクソ・スミスクラインの対策〜社員の健康対策と事業継続の観点から〜」の解説も予定しています。

 日時は、4月18日(土)14時00分〜17時00分 終了予定(受付開始:13時30分)。会場は、大手町サンケイプラザ4階ホール(定員200人、〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 、アクセス;http://www.s-plaza.com/map/)です。

 会費は無料です。問い合わせ申し込みは、こちらからどうぞ