大阪府八尾市にある松尾クリニックは、患者本位の診療を理念に掲げ、地域医療に力を注ぐ内科系診療所だ。理事長の松尾汎氏は、専門性の高い血管・循環器の診療を得意とし、さらに腹部や心臓のエコー診断にはVscanを役立てている。

 私は、医学部卒業直後から、今で言う総合診療医を目指してきました。大学を卒業した1973年当時、先進国では“general practitioner(GP)”、“family medicine”と呼ばれる医師の養成が進んでいました。わが国では、佐賀医科大学に初の総合診療部が創設されたものの、「総合診療」という考え方は浸透していませんでした。当然ながら、総合的に診療できる医師を教育する場もないため、私は研修する場を自ら求めてきました。

松尾クリニック
地域医療における在宅医療の必要性をいち早く感じた、松尾汎氏の妻、美由起氏が1985年に大阪府八尾市で開設。「納得のいく質の高い診療」を理念に掲げ、汎氏の専門性の高い血管・循環器の診療技術を生かしつつ、内科全般をカバー。さらに要介護高齢者向けに通所リハビリテーションも提供している。クリニックでは患者会の活動なども活発に行われている。
写真:近藤 宏樹(他の写真も)

 当時は大学紛争の名残がある時代でした。私は大阪大学附属病院の精神神経科で診療を経験したのですが、それは「現場にこそ医療がある」という阪大青医連の考えに惹かれたからです。ここを皮切りに、数年ごとに自ら門を叩きながら、病院、診療科を変えていきました。

 阪大の次は、大阪第二警察病院(現・北大阪けいさつ病院)で神経科と内科で診療をしました。次の淀川キリスト教病院では内科を担当し、初期の超音波診断装置に出合いました。肝臓癌の経カテーテル動脈塞栓術(TAE)の手技を初めて経験したのもここでした。その次の八尾徳洲会病院では病院開設スタッフとして着任し、内科医として1日おきに救急の当直を務めました。

 救急医療は、いろいろな分野の診療を幅広く行いますが、専門性はあまり深くありません。そこで私はもう少し深く経験したいと考え、福岡大学病院の放射線科に移りました。国立がんセンター(当時)の放射線科で3カ月の研修を受けたときに交流を深めた福岡大学病院の医師のつてでした。

 福岡大学病院では、放射線科以外の診療科の先生からも、様々なことを教えていただきました。その知識と経験は、その後の診療に非常に役立っています。さらに3年後には国立循環器病センター(当時)の内科心臓血管部門に進み、ここで15年間、“血管”の診療に携わることになりました。

松尾 汎(まつお・ひろし)氏
1973年広島大学医学部卒。大阪大学医学部附属病院精神神経科、大阪第二警察病院神経科・内科、淀川キリスト教病院内科、八尾徳洲会病院内科・救急医療、福岡大学病院放射線科などを経て、85年国立循環器病センター内科心臓血管部門へ。88年同医長。2000年に松尾循環器科クリニックを開業。09年に妻の美由起氏が院長を務める松尾クリニックの理事長に就任。

 実は当初、それまでの経験を生かし、放射線科やカテーテル治療の分野を勧められましたが、私は面接で「血管の勉強をしたい」と申し出て、福岡大学の先生からも推挙していただき、血管を専門とする医師を目指すことになったのです。

フットワークを軽くするために開業
 血管は、体のあらゆる組織、臓器につながっています。これを理解することで、それまで経験してきた神経内科、消化器内科だけでなく、全身を診る目が養えました。そして技術的に大きく進歩しているエコーを血管の診察に用いることが、循環器系の生活習慣病予防に非常に有用だと考えました。

 しかし当時、大動脈から末梢動脈まで、さらに静脈もリンパ管も総合的に診るという分野は内科では確立されておらず、私は血管外科医の指導を受けながら、その道を一人で切り開くしかありませんでした。やがてその研究と診療の成果が徐々に認められ、日本各地でいろいろな教育や講演をするようになりました。

 ところが、90年代後半に相次いだ公務員の不祥事により、国立循環器病センターの職員である私の活動も、かなり制約を受けるようになりました。血管に関する新しい知見や診断法などについて広く啓発したくても、時間をつくるのが難しくなったのです。そんなとき、大阪で健診センターが多く入るビルにテナントの空きができたとの情報が入ったため、私は開業を決意しました。

 それが、2000年に大阪市西区に開設した「松尾循環器科クリニック」です。全身の血管の状態を調べ、血管と循環器系の病気をより確実に早期発見し、治療につなげる、総合診療医という目標を実現するためでした。