【医療情報学連合大会】業務効率と安全性向上を左右するマン・マシンインタフェースを検証

第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会)@鹿児島

 診療現場に浸透してきたタブレット端末やスマートフォン。利用するデバイスの変遷が業務に相応の影響を与えつつあるが、入力画面のあり方や入力方法、実施プロセスにおける利用法などにより、業務の効率性やインシデント抑制を左右するケースもある。病院情報システムのマン・マシンインタフェースをテーマにした一般口演から、各氏の発表の概要を紹介する。

アンドロイド端末で現場業務が大幅に時間短縮

宮崎大学医学部附属病院医療情報部の山崎友義氏

 宮崎大学医学部附属病院医療情報部の山崎友義氏は、「アンドロイド端末運用における電子カルテ入力業務負担軽減効果の検討」について発表した。同病院は2006年5月に250台の業務用PDA(Pocket@i EX、NECフロンティア)を導入し、ベッドサイドでのバーコード患者認証、バイタルサインなどの観察項目入力、注射・輸血の実施入力を目的に運用してきた。その後2011年5月に、電子カルテの更新と同時に、業務用PDAから市販のアンドロイド端末(GALAXY S、サムスン電子製)へと運用を切り替えた。

 アンドロイド端末向けのシステムである「WATATUMI」は、電子カルテシステム「IZANAMI」、データベースのCacheとつながっている。WATATUMIで稼動する当初の業務アプリケーションは、主に患者認証、バイタルサイン入力、オーダー実施入力など。2012年4月から医師にもアンドロイド端末を配布・運用する予定で、画像参照、検査履歴参照、コミュニケーション機能、注射等の記録におけるダブルチェック機能などを順次、開発・追加している。

 ベッドサイドでの入力業務の負担軽減効果については、電子カルテシステム更新前の1カ月間(2011年4月1日〜30日)で、従来の業務用PDAとアンドロイド端末を併行利用する形式で検証した。量的調査として、同一入力者による患者認証、基本バイタル入力、点滴実施入力など32例で、タイムスタディ調査とアンケート調査(48人)を実施。同時に質的調査として、タイムスタディ調査に協力した8人の看護師へのインタビューも実施した。

 量的調査の結果は、アンドロイド端末による入力時間はPDAと比べて、患者認証で平均0.9秒、観察項目で1項目当たり同0.9秒、点滴実施入力で同2.2秒の短縮効果がみられた。「アンドロイド端末の運用開始1週間後の調査だったので、まだ操作に習熟していない期間。それにもかかわらず、このような短縮効果が得られた。習熟度が増せば効果はさらに大きくなると想定できる」(山崎氏)という。アンケート調査では、携帯性、操作性、視認性が良好であるという評価を得た。

 質的調査では、片手入力が可能であること、アンドロイド端末のアプリである計算機や時計機能が利用できる点が、利点として挙げられた。「従来は、点滴速度の計算のためにストップウォッチと電卓を持参していたが、アンドロイド端末だけで済むようになった」(山崎氏)

 最後に考察として、「Webアプリでなく、アンドロイド端末のネイティブアプリで実行していること、バーコード読み取りを赤外線照射でなくカメラ機能で行うことなどにより、認証と画面展開が速くあり、入力時間の短縮や操作性向上につながった。アンドロイドOSは、アプリの開発、管理、変更の自由度がiPhone系より容易で、医事管理コストの軽減が見込める。PDAの3分の1の価格で購入でき、医師全員への配布も可能になった」と述べた。

バーコードと携帯端末でミスが大きく減少

名古屋記念病院総合内科の草深裕光氏

 続いて名古屋記念病院総合内科の草深裕光氏が、「バーコードと携帯端末を活用する透析業務支援システム」の開発・運用について発表した。同病院の透析室では(40床、治療患者数約130人/日)、多人数が同一フロアで治療を受けており、名称が類似した医療材料や薬品が使用されるため、ダイアライザーや注射薬の誤認、透析中のケア順序のミスあるいはケア漏れが発生しやすいという。

 そこで、透析室における人・物・時間の誤認防止と業務効率化を目的として、透析業務支援システムをFileMakerで自主開発。タブレット端末(Ultra Mobile PC+FileMaker Pro、iPad/iPad2+FileMaker Go)を用いて、無線LAN経由で透析業務支援システムを利用する仕組みを構築している。

 透析業務支援システムのサーバーには、タブレット端末の認証システムやスケジュール管理システムがあり、透析開始前にダイアライザーのバーコード(GS1-128)や薬剤バーコード(GS1-DataBar)を読み取って照合。透析開始時には患者ごとのケアスケジュールを自動作成して時間ごとのケアの実施を登録し、透析終了時に終了登録を行う。

 「40床を2グループに分け、20床についてスタッフ1人がタブレット端末で認証する。認証作業に要する時間は、薬剤の認証は約7分(1ベッド当たり平均21秒)、ダイアライザーの認証は約4分20秒(1ベッド当たり平均13秒)で終了した」(草深氏)とし、ベッドサイドで速やかに認証できたことを指摘した。また、誤認防止の検証については、「薬剤とダイアライザーの誤認は月に1件程度発生していたものがゼロ件に、月に2〜7件発生していたケア漏れや実施間違いがゼロ件になった」(草深氏)。

 動線が短縮され、ケア予定をプリントしたワークシートが不要になったことで、スタッフ業務の効率化が図られたという。また、iPadとFileMaker Goの組み合わせは、Ultra Mobile PCとFileMaker Proとの組み合わせと比較すると、操作性、視認性、動作速度などの点でiPadの方がスタッフの評価が高かったと指摘した。

 考察として草深氏は、「市販されている透析部門システムは高価であり、全透析施設での導入は現実的ではないと思う。また、誤認防止機能があまり実装されておらず、スケジュール管理なども現場のニーズと必ずしも一致していない。FileMakerによる透析業務支援システムは、iOSをはじめ複数のOSに対応しており、非常に安価で容易な開発ができ有用と考える。現場のニーズにマッチした透析業務支援システムが構築できた」と述べた。

 病院情報システムにおけるマン・マシンインタフェースをテーマにしたセッションでは、このほか大阪大学医学部附属病院医療情報部の下地幾代氏が「テンプレート既定値機能を用いたユーザ支援とその効果」について、兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科の坂東真衣氏が「看護現場における端末機器ユーザインタフェイスと仕様についての検討」について、東京大学医学部附属病院企画情報運営部の美代賢吾氏が「電子カルテにおける患者情報参照環境改善に向けた過去の検査結果の参照頻度の調査」について、それぞれ発表を行った。

(増田 克善=医療ITライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161