ビッグデータを活用するには新たなアーキテクチャーが必要

第9回CIO研究会

福井大学医学部附属病院の医療情報部副部長 山下芳範氏

 医療情報や病院経営をテーマとした講演や勉強会を行うCIO研究会(第9回)が、12月9日、東京都内で開催された。病院情報システムのクラウド化をテーマに福井大学医学部附属病院の医療情報部副部長 山下芳範氏が、ビッグデータを取り扱う際のアーキテクチャーをテーマに徳島大学病院の病院情報センターセンター部長 森川富昭氏が、それぞれ講演した。

 山下氏は、福井大学医学部附属病院で構築・運用している病院情報システムをクラウド化(サーバー仮想化、デスクトップ/アプリケーション仮想化)した経緯、システム概要、クラウド化による効果などについて述べた。その中で山下氏は、クラウド化の目的は、複合システムの増大や運用の変化に柔軟に対応できるシステム構築、システムの投資コストの最適化、運用管理コストの削減、低炭素への対応とし、効果としては「イニシャルコストの削減効果は小さいものの、運用年数全体を通してのコスト削減を期待できる」と述べた。

 また、ネットワークの仮想化についても紹介、特に無線LANの仮想化・シングルチャネル化によって、無線周波数帯の有効利用でユビキタス医療のためのインフラ統合が可能になると解説した。

 一方、森川氏はビッグデータを蓄積・利用する場合のアーキテクチャー、特に生涯カルテであるEHRを構築する際のアーキテクチャーはどうあるべきか、について講演した。強調した点は、標準化コードを使うことを大前提とし、データの二次利用を踏まえたシステムアーキテクチャーにすべきこと。

 「現在の日本の病院情報システムは、医者にとって利用価値のあるものではない。発生源で入力された臨床データはコード変換され、医事側が利用するためのシステムになっている。データの二次利用を考えたとき、経営者側にとっては有益な情報として存在するが、医者が分析したいデータとして蓄積されていない」(森川氏)。そして、医療の質を高めるという視点で臨床データを分析可能にし、経営分析も可能にするためには、「診療現場の発生源データ、医事側のデータのそれぞれでDWHを構築し、BIツールで利用できる仕組みを持つことが重要だ」と述べた。

 また、もう1つの問題は電子カルテが標準化されたコードを使用しておらず、メーカー間の相互運用は不可能なこと。「電子カルテを乗り換えることもできないし、医療連携を推進する際にも壁となっている」とした。

 一方、現在各地で構築・運用されている地域医療連携システムにおける課題も指摘した。ほとんどが連携する医療施設で患者情報の公開・閲覧をベースとした患者連携のためのシステムで、Disease Management(疾病管理)を目的にしたものは皆無に近いという。森川氏は「先進各国の医療課題は慢性疾患対策で、そのためにはEHRが必要。EHRで重要な点はDisease Management、という考え方が世界的な潮流となっている。日本の地域医療連携においても、患者連携だけでなく、診療情報を蓄積し、疾病管理・分析できる仕組みを持つ必要がある」と強調した。

 そして、そうした考えに基づいて構築している徳島大学病院を中心とした地域EHRの事例を紹介した。これは、医療機関や保健機関の診療・保健データを集積して、地域状況や疾病構造を把握し、疾病群に対して医療介入を可能にするシステム。第1段階としては病病連携・病診連携で、患者連携をベースとした診療情報提供書のオンライン送受信、紹介患者の検査結果・所見の相互参照を実現。第2段階として、診療データや保健施設の特定健診データを収集・一元化して、介入が必要な人に対して循環型医療連携を可能にする仕組みを構築する。

徳島大学病院の病院情報センターセンター部長 森川富昭氏

 具体的なシステム構造としては、病院情報システムから診療データを標準化コードによるSS-MIXにはき出して病病連携で利用する仕組みと、各医療機関のSS-MIXのデータとレセプトデータを名寄せデータベースで一元化した上で疾病構造や地域連携データの分析を可能にするコホートデータベースからなるもの。SS-MIX(あるいは電子カルテ)を持たない診療所は、レセプト電算の処方・処置データを連携情報、コホートデータベースの両方に利用する。

 「病病連携・病診連携のシステムはID-Linkを基本とするが、SS-MIXとレセプト電算のデータを医療機関ごとに収集・名寄せしてコホートデータベース化すれば、Disease Managementが可能なEHRを作れるのではないかと実証実験を進めている」(森川氏)。

 コホートデータベースは、医療機関や保健機関のデータが集積されるためビッグデータとなる。森川氏は、「そのアーキテクチャーとしてリレーショナルデータベースシステムを採用すると、数年後ぼシステム更新に初期投資に匹敵する費用がかかる。データは増加の一途をたどることになるので、システム拡張が低コストかつ柔軟にできるアーキテクチャーが必須だ」と強調。徳島大学の地域EHRでは、オープンソースのCassandra/Hadoopを採用している。

 森川氏は最後に、コホートデータベースのような仕組みであれば、糖尿病などの重症化・合併症化モデルの分析ができるなど疾病管理が可能になることを説明、聴講しているメーカー各社に「こうしたシステムの開発をお願いしたい」と話して、講演を結んだ。

(増田 克善=デジタルヘルスOnline/日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48