シンコムが大阪で「医療3.0」時代の医療・薬学セミナーを開催

ファルメディコ社長の狭間研至氏

 ソフトウエアの開発・販売を手がけるシンコム・システムズ・ジャパンは、8月17日に大阪で“〜知の集積地OSAKAから日本再生の「ことづくり」を〜”と題してセミナーを開催した。
 
 まず、大阪府内で調剤薬局を7店舗経営し、iPadやiPhone用の医療関連アプリケーションの開発も手がけるするファルメディコ社長の狭間研至氏が、「薬局から始める医療3.0への道」というタイトルで講演した。狭間氏は、大阪大学医学部出身で外科医としての勤務経験を持つ。
 
 狭間氏は、日本の医療界の状況について概要を説明した後、医療は現在「医療3.0」に進化しつつあると指摘した。医療1.0では、医師はスペシャリストで組織はピラミッド型、ITはスタンドアローンだった。これが医療2.0になって、医師はジェネラリスト、組織はフラット、ITはインターネットに変化した。「医療3.0では、医師はコラボレーター、組織はネットワーク型、ITはクラウドに進化する」(狭間氏)。
 

パネルディスカッションの様子

 こうした変化に応じて、薬局や薬剤師の役割も当然変化すると指摘。「薬剤師は、薬局の外に出て仕事をするようになる。介護施設や高齢者の居宅などへも訪問し、服薬指導、配薬支援などを行う」と説明した。また医療3.0のフェーズでは、薬剤師には、調剤技術ではなく、薬学的専門性や投薬に関する決断力が求められるようになる、とも指摘した。
 
 このほか、IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータである梅澤真史氏が、「Mac開発者のためのSmalltalk入門」と題して、iPhoneやiPad上で動作するアプリケーションの開発やその環境について講演した。

 セミナーの最後には、シンコム・システムズ・ジャパン社長の石村弘子氏、OHS協議会事務局長の卯津羅氏を加えて、パネルディスカッションを開催。現在の医療や医療ITに関して、様々な意見が出された。また石村氏は、米国で在宅医療に活用されている、メディカルコールセンター用ソフトウエアの導入事例などを紹介した。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27