シンコムが大阪で「医療3.0」時代の医療・薬学セミナーを開催

ファルメディコ社長の狭間研至氏

 ソフトウエアの開発・販売を手がけるシンコム・システムズ・ジャパンは、8月17日に大阪で“〜知の集積地OSAKAから日本再生の「ことづくり」を〜”と題してセミナーを開催した。
 
 まず、大阪府内で調剤薬局を7店舗経営し、iPadやiPhone用の医療関連アプリケーションの開発も手がけるするファルメディコ社長の狭間研至氏が、「薬局から始める医療3.0への道」というタイトルで講演した。狭間氏は、大阪大学医学部出身で外科医としての勤務経験を持つ。
 
 狭間氏は、日本の医療界の状況について概要を説明した後、医療は現在「医療3.0」に進化しつつあると指摘した。医療1.0では、医師はスペシャリストで組織はピラミッド型、ITはスタンドアローンだった。これが医療2.0になって、医師はジェネラリスト、組織はフラット、ITはインターネットに変化した。「医療3.0では、医師はコラボレーター、組織はネットワーク型、ITはクラウドに進化する」(狭間氏)。
 

パネルディスカッションの様子

 こうした変化に応じて、薬局や薬剤師の役割も当然変化すると指摘。「薬剤師は、薬局の外に出て仕事をするようになる。介護施設や高齢者の居宅などへも訪問し、服薬指導、配薬支援などを行う」と説明した。また医療3.0のフェーズでは、薬剤師には、調剤技術ではなく、薬学的専門性や投薬に関する決断力が求められるようになる、とも指摘した。
 
 このほか、IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータである梅澤真史氏が、「Mac開発者のためのSmalltalk入門」と題して、iPhoneやiPad上で動作するアプリケーションの開発やその環境について講演した。

 セミナーの最後には、シンコム・システムズ・ジャパン社長の石村弘子氏、OHS協議会事務局長の卯津羅氏を加えて、パネルディスカッションを開催。現在の医療や医療ITに関して、様々な意見が出された。また石村氏は、米国で在宅医療に活用されている、メディカルコールセンター用ソフトウエアの導入事例などを紹介した。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335