「震災でASP・SaaSのメリットに対する認識が広がった」

ワイズマンがASP・SaaS部門でグランプリ受賞−ASPICサマーミーティング2011

 7月29日、特定非営利活動法人 ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム(ASPIC)のサマーミーティングが、都内で開催された。医療IT関係では、電子カルテベンダーのワイズマンが、ASP・SaaS部門 Application分野・社会・業界特化系でグランプリを受賞。同社を含む受賞4社が参加して、パネルディスカッションが実施された。

 パネルでは、同社福祉営業部販売促進課課長の星野裕一氏が受賞サービスの概要や背景を説明した。同社の「ワイズマンASPサービス」は、介護・福祉事業所向けのサービス。管理システムや支援システムなどのアプリケーションを、離れたデータセンターからネットワーク経由で提供する。大きな特徴として、USBトークンを利用した認証を採用している。「これまで全国47都道府県で、約2万3000件の導入実績がある」(星野氏)。

 今回の東日本大震災での影響について星野氏は「現地では、当社の顧客の多くが大きな被害を受けた。しかし、ASP・SaaS型であることで、データセンターのサーバーに情報が残っていた。PCとデータ通信カードを貸し出し、USBトークンを再発行することで、比較的早期にシステムを利用できる状態に戻すことができた事業所もあった。外部のデータセンターに情報を預けることがASP・SaaS型の特徴だが、この方がより安全という認識が広がったのではないか」と分析した。

 ASP・SaaS型の普及に関する今後の問題点として、通信インフラの問題を挙げた。星野氏は「介護・福祉施設、特に老人用施設などは、やや町外れにある場合が多いため、通信インフラが貧弱でASPを導入したくてもできないケースが多い。これは何とかしなければいけないと思う」と提言した。

※他の受賞社などサマーミーティングの内容はこちらを参照

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44